ウォータースタンド デメリット

ウォータースタンドのデメリット9個を契約前に解決!

ウォータースタンド デメリット

 

ウォータースタンドが人気といっても当然デメリットも有リます。

 

契約する前にデメリットを解決しておくだけで、毎日気持ちよく美味しい水を飲む事が出来ます。

 

今回は、ウォータースタンドのデメリット9個の解決法ご紹介します。

 

ウォータースタンドの9個の気になるデメリットと解決方法!

 

ウォータースタンド デメリット

 

ウォータースタンドを使っていて正直デメリットってナニかあったかな〜って考えてみました。

 

 

まぁ〜細かい事をいえば、気になる人もいるのかな〜って感じなので9個のデメリットについて解決策をまとめました。

 

デメリット@ サービス対応地域が限定されている

 

ウォータースタンド デメリット

 

現在ウォータースタンドの設置可能地域が東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県の1都6県と関西の一部と大阪府に限られています。

 

関東での人気が高く、現在ではウォータースタンドを利用している数が10万代を突破し地域を拡大中。

 

 

現在では関西圏でもウォータースタンドが利用出来るようになってきました。

 

しかし、それ以外の地域では残念ながら現段階では利用出来ないようです。

 

ただ、将来的には使い勝手が良くてボトル交換がいらないウォータースタンドの利用出来る地域はまだまだ増えていくと思います。

 

デメリットA 設置・定期メンテナンス・撤去の時は立ち会いが必要!

 

ウォータースタンド デメリット

 

ウォータースタンドを利用するには、設置してもらう必要が有リます。

 

当然、家の中に設置するので立会することになります。

 

休日で家にいる時の設置は特に問題は無いですが、仕事を休まないとダメな場合もあるかも知れませんね。

 

もちろん、設置する時以外にもメンテナンスの時や解約して撤去してもらう時も同様です。

 

仕事を休んでも問題無い人は良いですが、そうでない人は契約時にしっかりと打ち合わせをして設置する日程や時間を決めておきましょう。

 

デメリットB どっちの料金システムにすればいいの?

 

契約時に通常プランか長得プランかを決めなければいけませんが、これってどっちが良いのか分かりません。

 

もちろん、途中でプランの変更は出来るのですが違いがわからないと途中で変更も出来ませんし、もしかしたら損をすることになるかも知れません。

 

プランを簡単に説明すると、契約後1年9ヶ月(21ヶ月)以上継続して使用する場合は長得プランでそれよりも短期間の利用の場合は通常プランが良いです。

 

もっと詳しい説明は下記の記事を参照して下さい。
⇒⇒⇒ウォータースタンド長得プランはどれだけお得?価格表で明らかに

 

デメリットC 1年未満で解約すると撤去費用がかかる

 

ウォータースタンド デメリット

 

実際にウォータースタンドを使ってメリットを感じない人も中にはいるかも知れません。

 

(データーでは93%以上の人が満足して継続し、解約は1%)

 

だからといって、1年以内に解約すると10,000円の解約金が発生します。

 

でも、実際使ってみないと分からないというのが正直なところだと思います。

 

 

そんな時にとても便利なサービスがあります。

 

それは、1週間無料でウォータースタンドが借りられるサービスです。

 

1週間無料の詳しい説明は下記を参照して下さい。
⇒⇒⇒これは凄い!ウォータースタンドがタダでお試し!その方法とは?

 

デメリットD 大量に使わないと損をする

 

ウォータースタンド デメリット

 

ウォータースタンドの最大の特徴!

 

それは、「美味しいお水を使いたいだけ使える♪」

 

毎日イッパイ飲んだり、料理に使ったりとボトルのウォーターサーバーように残りの水の量を気にして使わなくてもいいってことです。

 

使いたいだけ気にせず使えて、毎月決まった定額料金を支払うだけです。

 

 

ただお水をあまり使わない人にとっては定額料金がデメリットになってきます。

 

なので、1人暮らしで自炊のしない人は割高になる可能性が高くなります。

 

デメリットE 天然水は利用できない

 

ウォータースタンド デメリット

 

ウォータースタンドは直接水道に連結させて使用します。

 

ボトルタイプでは無いので天然水を飲みたい人には不向きなウォーターサーバーです。

 

しかし、ミネラルが多く含んでいる天然水は赤ちゃんやワンちゃん、猫ちゃんには不向きなのに対して

 

ウォータースタンドの水は、赤ちゃんのミルク作りにも離乳食にも使えますし、ワンちゃんにも猫ちゃんも安心して飲む事が出来ます。

 

デメリットF 機種によっては常温しか使えない

 

ウォータースタンド デメリット

 

ウォータースタンドの機種がすべて、冷水・常温水・温水が使えるわけではありません。

 

この形が良いのにと思っても、もしかすると常温水しか使えないタイプかも知れません。

 

そうなると違う機種を選ばないといけなくなります。

 

しかし、常温水のみのウォータースタンドにはメリットがあり好んで常温水のみが使えるウォータースタンドを利用する人も多くいます。

 

 

常温水だけのウォータースタンドのメリットは下記を参照して下さい。
⇒⇒⇒ウォータースタンドの電気代はいくら?タダになる機種がある!?

 

デメリットG 災害や防災で水道使えなくなったら利用できない

 

ウォータースタンド デメリット

 

最近では、災害や防災の為に色々なグッツを用意している家庭も増えてきています。

 

その中に、水もふくまれていますがウォータースタンドの場合はボトル式では無いので水道が災害などで止まった場合は使えなくなります。

 

災害や防災時の水は事前にペットボトルなどで用意が必要になります。

 

デメリットH 音が最初のうちは気になるかも

 

ウォータースタンド デメリット

 

ウォータースタンドを設置して2・3日は音が気になる人がいるかも知れません。

 

私は全く気になりなりませんでしたが、奥さんは今まで無かった音なので少し意識しすぎて気になっていたそうです。

 

特に大きな音が鳴るということでもありませんので神経質になる必要は無いと思います。

 

冷蔵庫や炊飯器の音も自然と慣れますよね。それと同じです。

 

ウォータースタンドのデメリットまとめ

 

ウォータースタンドのデメリットで特に気をつけないといけないのは、BCだと思います。

 

この2つは直接お金が絡んできますからね。

 

不安に思う人は、上記のBCの詳細をご覧頂くか下記のウォータースタンドの公式サイトをご覧ください。

 

↓↓↓ウォータースタンドの公式サイトはコチラをクリック!
お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】